FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全通研夏集会inぎふで後援会ブースを設けました

2013.09.04 14:01|行事
8月23~25日に第46回全国手話通訳問題研究集会が岐阜で開かれました。
後援会は、24日に書籍売り場の部屋に受付ブースを設けました。
本やDVDを買う人が行きかう中、後援会入会を呼びかけました。

岐阜集会2

朝、講座が始まる前には、東海ブロック運営委員の田中さんが手伝いに来てくれました。
一番込み合うお昼休みには、長谷川副会長をはじめ、東海ブロック運営委員の服部さん、
関東ブロック運営委員の桐原さん、監査の木下さんにも手伝っていただき、
「もう会費は払った」という人には「友だちや家族に呼びかけて!」と
パンフや申し込み用紙を渡すなど、職員の長崎さんを含め全員で大奮闘。

岐阜集会1

当日は、26人の方が入会してくださいました。

(事務局長 梅本悦子)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

| 2018.09 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

全国手話研修センター後援会

Author:全国手話研修センター後援会
手話が言語として認められました。「手話の城」である手話研修センターがこれまで果たしてきた役割とさまざまな実績をさらに発展させるため、2012年10月7日に後援会が設立されました。

全国手話研修センター後援会はお一人お一人の力をお借りしながら、手話研修センターと連携し、手話の大切さや手話通訳の必要性などを全国に広めるとともに、財政的支援や手話研修センターのPRなどさまざまな面で、全国手話研修センターを支えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。